失恋の痛みと人生の短さについて考えた。

こんにちは、こんばんは!ころろです(‘ω’)

今回のブログのタイトルですが…私の話ではないのです。
以前から恋愛相談や婚活相談をよく受けるとお話ししましたね。
その中で私も返答に困った相談についてです♪
(相談してくれた方にはブログに書くことの許可をいただいてますが、そしてぼかします!)

彼女には10年付き合った恋人がいました。
高校時代からだそうです。
それだけ聞くと「何という青春!」と思うのですが…。
昨年の秋ごろに別れを一方的に告げられ話が決着しないまま、その翌月に彼氏は別の方と結婚したそうです…。

正直、別れ話もケンカの延長だと思っていたとのこと。
それまでは仲睦まじく、ケンカも数えられる程度。
最高のパートナーだと思っていただけにショックは大きいと言っていました。

私個人の意見を言わせていただきますと「誠実な対応ができない人と結婚しなくてhappyじゃないですか!」です。

ただ失恋しても一晩泣けばコロッと立ち直る私の考えを伝えたところ、腑に落ちない様子。

きっと悲しんだり、悔しいと思う時間も必要なのでしょうね。
今ある感情を味わい、整理して自分がこれからどうしたいのか、考えることが一番だと彼女の顔を見て思いました。

けれど、幸せになるための努力は継続し続けて欲しいなと思います。

それは恋活をしろというものではなく、自分のやりたいことや好きなのこと。
人と出会い続けることです。

その経験の中に新しい出会いもあれば、改めて「これ楽しいかも」と自分の感情や考えを見直すきっかけになると思うから。

命短し恋せよ乙女!ではないですが、人の人生は楽しみ切るにはあまりにも短い。

何もせず過ごしていることはとてももったいないことです。

恋愛だけでなく、仕事でも何事でもより良いと思う方向に進む努力はどんな状況でも感情でもし続けたいと私自身思っています。

失恋の痛みは辛い。けれど人生の一部であり、全てではない…と私は思います。もっとたくさんの幸せを見つけに行きましょう。

投稿者: cororo

青木ころろです。 現在、フリーランスのライターをしながら起業をめざしています。 日々感じたことや学んだことをブログを通して発信。 これまでの人生、出会った人、そして未来に感謝しながら、貢献できることはないかと模索しています。 縁ありブログを見てくださっている方にも心からの感謝を。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。